《講座の概要・お申し込み》【試験説明会】必勝セミナー 【体験講座】オンライン無料体験 

【1次対策第1期】英語Basic 歴史Basic 地理Basic

【1次対策第2期】英語Advanced 歴史・上級 一般常識 通訳案内の実務

【2次対策】2次試験対策はこちらから 【書籍】書籍はこちらから

2021年 1次試験対策講座

1次対策講座ラインナップと流れ

全国通訳案内士の1次試験は難度が高い科目があり、全科目受験の場合は5科目の受験となり、非常に大変な入試となります。合格への最短ル-トは、独学よりも合格の最短ル-トを知る、True Japan Schoolの講座になります。全国通訳案内士となるために、どの様な講座内容があるか見ていきましょう。TJSでは1次対策を第1期・第2期に分け、段階的に効率よく学習していきます。

<第1期1~4月>

~第2期につなげる基礎固め~

お申込み受付中!

◆英語Basic ◆歴史Basic ◆地理Basic

👇

<第2期4~7月>

~1次本試験につなげる実践力養成~

◆英語Advanced ◆歴史・上級

 

◆一般常識 ◆通訳案内の実務

<プラスαで万全の準備>

模擬試験・直前対策講座

👇

1次筆記本試験!


第1期対策講座について

1次試験突破を見据え、対策学習に特に時間を要する英語・地理・歴史の3科目にフォーカスして第2期に有機的につながる基礎力を養成します。

英語Basic

全8回(計16時間)の講義形式の講座となります。全国通訳案内士試験の1次試験突破を見据え、第2期 Advanced講座に有機的につながる基礎力を養成します。

詳細はこちら

歴史Basic

全10回(計20時間)の講義形式の講座となります。日本史を包括的に理解する上で欠かせない根本となる基礎知識をカバーします。暗記ではなくロジックで解答を推論する力を養成し、より実践的な第2期Advanced講座につなげます。

詳細はこちら

地理Basic

全10回(計20時間)の講義形式の講座となります。自然地理に重点を置き、全国の各エリアを網羅します。各地域の自然地理的特徴を理解し、Advanced講座の人文地理歴史を論理的に理解できる力を養成します。詳細はこちら


第1期(1月~4月)講座スケジュール

2021年1月7日に発出されました一都三県への緊急事態宣言を受け、通勤・通学など人の流れの多い平日コース(金)は中止し、休日コース(土)のみ実施することといたしました。ご迷惑をお掛けしますがご理解賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

第1期(1月~4月)講座料金一覧

講座名 開催曜日 回数 時間数 受講方法 受講料
英語Basic

金曜(通学) 

土曜(通学)

オンライン

8回 120分 基本受講セット(全8回) 28,800円
座席チケット(8回一括) 4,000円
講義資料印刷・郵送(8回一括) 4,000円

歴史Basic

地理Basic

金曜(通学) 

土曜(通学)

オンライン

10回 120分 基本受講セット(全10回) 36,000円
座席チケット(10回一括) 5,000円
講義資料印刷・郵送(10回一括) 5,000円

※オンライン視聴は土曜クラス終了3~4営業日後に可能となります。

無料体験について

True Japan School講座のクオリティーと効率的な学習を肌で感じて欲しいから全ての1次試験対策講座に無料で1回ご参加いただけます。

・1次対策Basic講座 3科目(英語・歴史・地理)を全て体験可能

・当日配布資料のある講座ではそのまま資料を持ち帰れます

・講師への質問も自由にできる

・体験後の受講相談も大歓迎

無料体験お申込み方法

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

通学無料体験 お申込みフォーム

合格者の声

通訳案内士試験に合格したTJS受講生から受験生の皆さんへメッセージ&アドバイス!🌸

丸山洋子様

通塾コースの仲間全員と勝ち取った合格

 

私が通訳案内士の資格を知ったのが2018年の3月です。4月にTrue Japan Schoolの説明会に伺い、同年の一次試験を受験する為にオンラインの地理・歴史、座学の一般常識と実務を取りました。英語は夏季集中講座の日本事象だけ受講しました。残念ながら歴史がギリギリながら不合格となり、2019年に再度歴史だけ受験し、2次試験対策に進みました。

 

2次対策では質疑応答(夏・秋)、通訳(夏・秋)、アウトプット(秋)、3日間の Presentation Boot Camp, さらに5回の模擬面接演習グループ型と一回のマンツーマン型を受講しました。通訳の資料はプレゼンの材料としてそのまま使えるお題が多くあり、アウトプット演習のテキストと併用できたので、毎週授業の後しっかり復習しました。アウトプット演習のテキストは自作の資料と見比べ、自分で話し易い内容に組み立てて、実際に90%以上のお題をカバーし、50題近くはフルのプレゼンを書き下ろし、自分の2分を計るようにしました。ただ、覚えたものは忘れるので、なるべくは箇条書きのノートでの勉強を中心に行いました。

 

模擬面接演習では他の受講者のお題も勉強することが出来ると思いグループ形式を受講しました。6回で4名の先生にお世話になり、どの先生もそれぞれ特徴があり、建設的なコメントを頂くことができました。並行して、レッスンで親しくなった仲間と勉強グループを作り、プレゼンや通訳の自主練も行いました。勉強仲間も全員合格でき、良い仲間に巡り合わせて頂いた True Japan School 及び先生、スタッフの方々に大変感謝しております。

 

横山隆志様

一年で試験に合格するための7つの必勝法

 

通訳案内士を目指して、2019年、ゼロからのスタートでした。初受験で免除科目は一切ありませんでした。一次試験は模試からの逆算を常にしていましたので、三修社後援の True Japan Schoolによる公開模試を受験して、必ず弱点のあぶり出しと次の目標設定を行いました。Web講座は地理、日本史、一般常識を受講、目途が立ちましたが、問題は過去問、模試で一度も合格点どころか60点に到達しない英語...。こちらを安河内先生の夏季集中講座(オンライン視聴コース)を受講しました。問題を3セット繰り返したことでか、最後に伸びたため、まさにミラクルの一次試験合格でした。(自己採点 英語79 地理89 日本史72 実務40 一般常識 35)

 

2次試験対策は大変でした。英語を使う機会がほとんどなかったので、 True Japan Schoolの講座を全て受講させて頂きました。できないなら人より多くやり切ることを旨として、講座も積極的に参加しました。Presentation Boot Camp、アウトプット演習、通訳演習、シチュエーション演習に加えて、早い時期から模擬面接演習に参加しました。模擬面接は実に15回演習を積み、加えて復習でシミュレーションを重ねた結果、自信をもって会場に行き、守衛さんに挨拶するところから、自然体で終始笑顔絶やさず2次試験を乗り越えられました。

 

通塾は大変かと思います。実際自分も交通費だけで相当使っていますが、これによって、同じ講座での仲間ができ、多くのトップガイドの先生方ともコネクションができたのは自分にとって最高の財産でした。将来への道筋の礎を構築してくれたのは熱意溢れるスタッフ、先生方のお陰です。本当にありがとうございました。