《講座の概要・お申し込み》【1次試験】英語1次直前(夏季集中) 歴史・上級 一般常識 通訳案内の実務 英語Advanced 英語Basic 英語Intermediate 歴史 地理 【2次試験】シチュエーション質疑 動画で通訳対策 試験説明会(必勝セミナー)

必勝セミナー

全国通訳案内士 試験対策説明会

説明会でお話しすること

1 試験制度・内容を理解する

(1) 過去27年の実績を踏まえた現状を分析

1993年から昨年2019年までの27年間の受験者数、合格者数をお知らせします。1993年から2004年までの11年間は、最終合格率は、5.5%から、7.8%でした。超難関試験でした。でも、この時期は、合格すると仕事が確実にありました。

 その後、2013年には、合格率が22.5%になりました。試験は易しくなったけど、合格しても、仕事がない時代でした。

 2008年からIJCEEを創設し、1600名あまりの通訳案内士団体を育成した理事長 米原亮三が、過去を踏まえ、現代及び未来の通訳案内士の活躍の可能性と、それに向けた心構えをお話しします。

 また、今回から、従来の1次対策セミナーと2次対策セミナーを合体して、1回で通訳案内士試験の全過程を理解できるようにしました。

2 1次対策

通訳案内士試験の1次対策の必勝法は、以下の3点にあります。

① ガイドラインを理解すること

 試験の主催者である観光庁のガイドラインや実施要領をキチンと読むことです。試験免除や合格点や配点基準なども示されています。通訳案内士試験は、ガイドラインの変更が甚だしく、2018年に大幅改定になっています。それ以前の試験対策のセオリーは、役に立たないことを知っておいてください。

② 過去問題の分析

 どの試験でも同じですが、過去問題の分析が極めて大事です。True Japan Schoolでは、2010年から通訳案内士試験対策を行っており、過去問題の詳細な分析があります。また、2次の口述試験は、日本政府観光局(JNTO)においても、非公開です。True Japan Schoolによる独自調査がきっと役に立つと思います。

 本説明会では、過去問題の分析資料を差し上げます。

③ ヤマをかけること

 奇異に思われるかもしれませんが、試験合格の極意はヤマです。別の言い方をすると「予想分野を絞り込み、重点的に勉強することです。つまり、出題されそうもないことは、勉強しないことです。」英語担当の安河内志乃先生、社会担当の米原亮三理事長と沢田千津子先生が、重点分野を明確にして、指導します。

1次対策の研修体系

3 2次(口述試験)

 2018年から試験制度が変わりました。以下の3点を踏まえた受験対策が必要です。

1次試験の内容が2次試験に直結したことです。、「日本歴史」や「通訳案内の実務」、「一般常識」の内容が、口述試験に直結します。一例をあげると、通訳案内の実務」の旅程管理部分は、1次試験の出題率は低いのですが、口述試験のシュチエーション問の解答には、不可欠です。一般常識の日本文化は、口述試験のプレゼンテーション問題には、不可欠です。

② テクニックが欠かせない

 通訳とシュチエーション問題は、これまでの英語学習とは異なる技術(テクニック)が必要です。

 通訳は、英語力プラス日本語を理解し、暗記する力です。

 シュチエーション問題は、ガイド現場の対応力です。いずれも、実践経験豊富な講師から学ぶ必要があります。

③ 1次試験前から始める

 合格の秘訣は、1次試験の勉強において、2次試験を受験することを課題として、認識することです。これにより、1次試験の勉強中も、単なる丸暗記でなく、ガイドとしての対応力が必要なことが理解出来ます。

 このためにも、シュチエーション問題は是非、6月、7月から勉強することをお勧めします。 

配付セミナー資料(有料)

下記内容を編集した豪華な冊子になります。

 1. 2020年全国通訳案内士試験スタートガイドブック

 「通訳案内士とは?」から始まり、通訳案内士試験の試験スケジュールから合格率、難易度、免除科目一覧、勉強方法までを網羅した、True Japan Schoolでしか手に入らない特別資料!通訳案内士試験を初めて受験する方も2回目以降の受験となる方にも是非一度読んで頂きたい一冊です。

 

2. 【別冊】出題傾向完全攻略データ集

 通訳案内士試験の1次試験に特化し、1次試験の5科目の出題傾向を徹底網羅した1冊となります。特に昨今、難関科目の一つとされる「歴史科目」では、過去10年に渡る出題トピックを様々な切り口から分析、True Japan Schoolのノウハウを凝縮しており、必見です。

 

3. 令和元年度全国通訳案内士試験外国語(英語)科目 解答解説集

  昨年度の通訳案内士試験の英語科目の各問題をTrue Japan Schoolのトップ講師が解説した解説集です。これだけで、英語科目の対策を効率的に始められること間違いなし!普段は3,000円で販売している商品を今回のみ特別に配布しております。

スケジュール

  2020年5月25日、新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言は、終了しました。

 また、東京都においても、6月1日より、「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」におけるステップ2に移行することが決定されました。そのなかに、学習塾が含まれています。こうした動向を踏まえて、Japan Schoolとしては、座学による講義の方が、良く理解できる方もいるとの受講生への配慮から、座学授業を平日と休日にそれぞれ計画してきました。

 しかしその後、5月25日から31日までの新型コロナウイルス感染症の感染状況は、東京都及び全国において、感染者数の増加傾向があり、第2波のおそれが生じています。

 そこで、True Japan Schoolとしては、計画変更を余儀なくされました。

 平日の講義は、東京への通勤・通学・ビジネスによる人々と電車利用が重なるため、三密の危険があります。

これに対し、True Japan Schoolの所在する地域は、オフィス街なので、休日であれば、電車や通行人も低密度です。

以上のことから、座学は、安全性の高い休日コースのみで実施します。 2020年5月31日 True Japan School代表 米原亮三

ダウンロード
通訳案内士試験対策講座等スケジュール 200609現在.pdf
PDFファイル 42.6 KB

試験対策説明会

61

試験対策説明会(1330分~16)

67

試験対策説明会(1330分~16)

612

中止

613

試験対策説明会(930分~1130)

618

試験対策説明会(930分~1130)

621

試験対策説明会(930分~1130)

7月4日

試験対策説明会(930分~1130)

 

無料体験受講のご案内

講義形式の座学は、どの回も、1回は、無料で体験していただけます。ただし、資料は閲覧だけでお渡しできません。

説明会の受講方法

①受講料は、無料です。

②セミナーテキストは、有償です。

2,000円をいただきます。すでに、True Japan Schoolのコース受講者は、無料で資料を差し上げます。(来校者のみ)

③座学による受講者は、定員があります。

3密を避けて、100平米の部屋で定員38名とします。予約をお願いします。

④オンライン受講も可能です。

後日、オンライン視聴用のページを用意し動画をアップします。特別な申し込みは不要です。

なお、オンライン受講で資料を必要な方は、以下カートよりお申し込みください。2,000円でプリントして発送いたします。

⑤説明会のあと、歴史上級などの講義が予定されています。1回目は、無料で受講できます。

説明者の紹介

IJCEE理事長 米原亮三

True Japan Tour ㈱代表取締役社長
◆国の観光行政への参画
・観光庁「新たな通訳案内士のあり方に関する検討会」委員
・2017年3月「文化財の多言語解説等による国際情報発信力強化の方策に関する有識者会議」(文化庁)
・2017年4月、国土交通委員会所属衆議院議員の視察で説明
・2017年4月、観光戦略実行タスクフォース(官房長官、国土交通大臣、観光庁長官等局長級会議)

◆東京大学経済学部卒業後、都庁にて、鈴木俊一都知事秘書、自治体国際化協会ニューヨーク事務所次長、国際化施策担当課長、東京ビッグサイト総務部長、東京都観光部部長などを歴任。

◆著著に「ネットワーク時代の地球市民の生き方」(中央経済社)、「国際観光ガイドの基礎知識」「国際人のための日本文化の基礎知識」、「ジャパニーズカルチャーⅠ、Ⅱ、Ⅲ」(以上「NPO日本文化体験交流塾」)、「東京都 多様性に満ちた市民社会」(駒井洋、渡戸一郎編「自治体の外国人政策」明石書店所収)、「米国コネチカット州グリニッチ・タウンの地方自治」(都市問題86巻)、「観光キーワード事典」(松陰大学観光文化研究センター編)、「大都市における観光まちづくりの理論的な考察」(日本国際観光学会論文)等

◆ホームページ等でも理事長の理念を紹介しています
True Japan Tour 株式会社代表取締役のメッセージ
・True Japan School序文
会社概要

英語教授 安河内志乃

全国通訳案内士(英語)
◆2011年より通訳案内士試験受験指導に携わる。初年度は2次口述試験対策を山口和加子氏(新日本通訳案内士協会 会長)と二人で担当、受験生全員をみごと合格させるという伝説を達成。現在は1次英語筆記試験対策と2次口述試験対策の両方を担当し、毎年多くの受験生を合格に導いている。過去には一次英語筆記の長文をそのまま当てるという伝説を持つTrue Japan Schoolの人気講師。「精緻な問題分析、的確で体系的な指導、美しい発音」の三拍子に加え、神話、歴史、ポップカルチャーなど広範囲に及ぶディープなオタク知識を駆使する授業は「面白い!試験だけではなくガイドになってからも役立つ!」とファンも多い。
イギリス在住時代にケンブリッジ英検のCPE(最上級)および同英検の英語教師資格であるCEELT※(Cambridge Examination in English for Language Teachers)をAAA(満点)で取得した、日本では稀な有資格英語教師。

(※CEELT:欧州の英語教師が目指す資格だが、日本人でこの資格を持つ英語教師はほとんどいない)
◆著書
「しっぽだらけのイギリス通信」(文芸社)
「イギリスの猫の羊のプディングの」(文芸社)
「ふくろうは魔法使いの友 ペットとの暮らし(英語教育2003年10月増刊号ハリ-・ポッターのイギリス)」(大修館書店)


試験対策説明会(必勝セミナー)の申し込み

東京校での受講予約について

 東京校でのセミナー受講をご希望の方は、以下の申し込みフォームよりお申し込みください。

 受講料は無料ですが、セミナー資料をご希望の方は有料となります。希望者は当日、受け付けにてお支払いください。(2,000円)

※説明会はオンラインでもご覧いただけます。以下のページより視聴ください。

 なお、セミナー資料は郵送もしておりますので、ご利用いただければ幸いです。

試験対策説明会オンライン視聴ページ

◆試験説明会 申し込みフォーム

オンライン視聴を希望の方

 後日、説明会の動画をアップし、メールニュースで通知いたします。特別な申し込みは必要ありません。

 なお、セミナー資料をご希望の方は、右のカートよりお申し込みください。

セミナー資料(自宅発送)

¥2,000