True Japan School 全国通訳案内士試験対策

True Japan School Index

《INDEX》【試験説明会】必勝セミナー 解答解説会 【無料体験講座】2次対策オープンスクール 1次試験対策無料体験 

【全国通訳案内士試験対策講座】2次試験対策 1次試験対策 公開模試

【旅程管理主任】旅程管理研修 主任者証再発行【旅行業務取扱管理者試験】対策講座【書籍】書籍はこちらから

【オンライン動画視聴】視聴サイト 【その他】お問合せ 会員専用ページ



2022年度試験速報

2022年度全国通訳案内士試験筆記試験の概要が官報に記載されました。

 

官報の閲覧はこちらから→https://kanpou.npb.go.jp/20220428/20220428g00094/20220428g000940139f.html

 

JNTOウェブサイトはこちらから→https://www.jnto.go.jp/jpn/projects/visitor_support/interpreter_guide_exams/copy_of_index.html

試験に関する日程

◇施行要領公開  : 2022年5月中旬(予定)

◇願書受付    : 2022年6月1日(水)~7月11日(月)(予定)

◇筆記試験    : 2022年8月21日(日)(予定)

◇筆記試験合格発表: 2022年11月10日(木)(予定)※マイページでの確認となります

◇口述試験          : 2022年12月11日(日)(予定)

 

◇最終合格発表  : 2023年2月3日(金)(予定)※官報での発表、及びマイページへの通知

 

試験の時間

1次筆記試験 8月21日(日)

外国語  11:00~12:30(90分)

日本地理 13:40~14:10(30分)

日本歴史 14:40~15:10(30分)

一般常識 15:40~16:00(20分)

通訳実務 16:30~16:50(20分)

 

≪試験会場≫

昨年度試験で会場から外されていた地域も本年度は復活します!

 

1次筆記試験 札幌市、仙台市、東京近郊、名古屋市、大阪近郊、広島市、福岡市、沖縄県

2次試験 

英語・中国語・韓国語→東京近郊、大阪近郊、または福岡市

上記以外の言語→東京近郊

 

≪受験手数料≫

昨年度試験から据え置きで同額となっています。

一カ国語受験 11,700円

二カ国語受験 23,400円

 

 以上、上記の中で試験日程(1次を8月に戻すこと)、会場(仙台、名古屋、広島を復活させること)、および受験手数料(据え置くこと)につきましては、昨年度の試験後に当校母体であるNPO日本文化体験交流塾を始め、通訳案内士団体連合が国に対して求めていた内容が全て受け入れられました!

 

「メールニュース登録」はこちらから

👇




True Japan School

イベントカレンダー

※当校ウェブサイト上記ページに詳細の記載がない講座・イベントは仮の予定となりますので予めご了承ください。


通訳案内士試験合格者4人に1人が利用

必勝セミナーにご参加ください。

全国どこでも対策可能なオンライン講座

True Japan Schoolの本部は東京にありますが、北は北海道から、南は沖縄まで、全国にTrue Japan Schoolを利用されている方がいらっしゃいます。そういった方々はどうやって勉強しているのか?答えは、True Japan Schoolが現在、力を入れている「オンライン視聴コース」です。

 

ネット環境さえあれば、ご自宅のパソコンや通勤途中のスマホですぐに全国通訳案内士試験の勉強に取り掛かることができます。地方に住んでいて学校がなくても、仕事が忙しくてまとまった時間がとれなくても、全国通訳案内士試験の合格は可能です。まずは、オンラインでの無料体験から始めてみませんか?

強力なサポート体制と実績ある教材

全国通訳案内士試験は、「語学唯一の国家試験」と揶揄されることがありますが、「英検」や「TOEIC」といった試験とは全くベクトルの異なる試験です。その為、「全国通訳案内士試験」だけに特化した機関を頼って頂くことが、合格への一番の近道です。True Japan Schoolは、日本最大の通訳案内士団体である「新日本通訳案内士協会」を母体とした予備校であり、講師は全員、訪日ツアーの現場で活躍されている売れっ子ガイド。単なる語学講師が講座を務める機関とは一線を画していることが最大の強みです。

 

また2018年からは、「三修社」ともタッグを組み、試験対策本の販売を通して、ますます多くの方に、合格のエッセンスをお届けしています。対策本のシリーズは続々と刊行中です。書店などで是非一度手にとってご覧になってくださいね。



全てのガイド有資格者が輝けるように

私たちTrue Japan Schoolが通訳案内士試験対策を始めたのは、2011年。そう、日本列島が衝撃と悲しみに包まれた東日本大震災の年です。震災直後、日本のインバウンド観光業界はキャンセルの嵐。お客様だけでなく、日本に駐在している多くの外国人職員たちまでもが日本を離れるという状況で、たくさんの通訳案内士が廃業に追い込まれました。しかし、その中で現在のTrue Japan Schoolの校長であり、旅行会社True Japan Tour(株)の代表取締役でもある米原亮三はこう考えました。

 「今は確かに大変だ。でもきっと、お客様は日本に戻ってきてくれる。日本にはその力がある。その時に帰ってきてくれたお客様を迎える準備を今から整えなければならない。そのために今重要なのは人を育てることだ。今すべきなのは質の高い通訳案内士を育成することだ!今こそ、この日本の最大のピンチをチャンスに変えなければ!」

  そして始まったのがTrue Japan Schoolです。当時の生徒はたった7名。講師は山口先生と安河内先生という2名の通訳案内士。2次試験対策からのスタートでした。しかし、この産声を上げたばかりのTrue Japan School初年度、7名の第1期受講生はなんと全員が合格!

 

その後、少しずつ規模は大きくなり、True Japan Schoolは1000名以上の受講生数を誇る通訳案内士予備校となりました。

 「ピンチをチャンスに変える!」これがTrue Japan School校長である米原の口ぐせです。現在、全国通訳案内士という資格は、規制緩和や業務独占の廃止などで大きな過渡期にあります。無資格の人でも有償でガイドができるようになった今を、この資格のピンチと呼ぶ人もたくさんいます。しかし、だれでも有償でガイドができるようになった今だからこそ、レベルの高い合格者を多く現場に輩出し活躍してもらうことで、国家資格である全国通訳案内士という資格と、それを取得して活躍している有資格のガイドさん達全体の地位を向上させていこうと考えています。

 

ガイドを目指されている皆さん、貴重なお時間を割いてここまでお読み頂き、ありがとうございます。強き思いを私達True Japan Schoolと一緒に実現させましょう!そして一緒に日本の観光を盛り上げていこうではありませんか!