《INDEX》【試験説明会】必勝セミナー 解答解説会 【無料体験講座】2次対策オープンスクール 1次試験対策無料体験 

【全国通訳案内士試験対策講座】2次試験対策 1次試験対策 1次試験対策夏季集中 公開模試

【旅程管理主任】旅程管理研修 主任者証再発行【旅行業務取扱管理者試験】対策講座【書籍】書籍はこちらから

【オンライン動画視聴】視聴サイト 【その他】お問合せ 会員専用ページ

FAQ(よくあるご質問)

旅程管理主任者資格について

Q. 旅程管理主任者は国家資格ですか。

A. 旅程管理主任者は国家資格ではありません。観光庁長官から登録許可を得た機関が実施する一定の研修を修了することで取得できる認定資格です。名前の似ている「旅行業務取扱管理者」は国家試験に合格することで取得できる国家資格です。True Japan Tour株式会社も「登録研修機関第46号」として旅程管理研修の実施を許可されている旅程管理研修機関の内の一つです。

 

Q. 旅程管理主任者証の発行は国が行うのですか。

A. いいえ。True Japan Tour株式会社が発行致します。上記で述べたとおり、登録研修機関が研修を実施しますが、希望者に主任者証を発行するのもその登録研修機関です。

主任者証の発行条件・有効期限について

Q. 旅程管理主任者証の発行には何が必要ですか。

A. 次の3つの条件が必要となります。

     1) 旅程管理研修を2日間受講した上で、「旅行業法科目」「旅行実務科目」の双方で60点以上を取得し、修了証を受領する。

     2) 1.の修了証受領前後1年以内に1回以上、または受領後3年以内に2回以上、バス添乗実習を受講する。

          True Japan Schoolのバス添 乗実習を受講しない場合は、チーフ添乗員に同行し、実際のツアーの添乗業務に携わることで

          添乗実務の経験とみなすことも可能です。

     3) 通訳案内士団体「日本文化体験交流塾」に入会する。

 

Q. なぜ、通訳案内士団体「日本文化体験交流塾」に入会する必要があるのですか。

A. 本来、旅程管理主任者証(正式名称:旅程管理業務を行う主任者証)を所持する者は、「旅行業に従事する者」でなければなりません。所持者の方は必ずどこかの旅行会社、もしくは派遣会社に所属して、添乗員のお仕事をもらいます。その際に主任者証が必要となるのです。

True Japan Tour株式会社の母団体は通訳案内士団体「日本文化体験交流塾」であり、当団体の会員様にTrue Japan Tour株式会社がツアーのアサインを行います。その為、条件として「日本文化体験交流塾」へのご入会をお願いしています。   

 

Q. 主任者証発行条件の1つである「旅程管理研修修了証」を他社様で受領しました。True Japan Tour株式会社で主任者証の発行は可能ですか。

A. 「旅程管理研修修了証」の受領機関は特に問いません。弊社で発行をご希望される際には、上記条件のうち、2及び3を満たせば発行が可能となります。上記と逆のパターンで添乗の実務経験が他社様である場合は1及び3の条件を満たしてください。

 

Q.「旅程管理主任者証」「旅程管理研修修了証」に有効期限はありますか?

A.  「旅程管理主任者証」については発行日より5年間となります。有効期限を過ぎた場合には、3,000円にて更新が可能です。

   →旅程管理主任者証の再発行・更新についてはこちら

     「旅程管理研修修了証」に有効期限はございません。ただ、こちらの修了証には皆様の研修修了番号が書かれており、

       主任者証の更新時、他社での再発行時に必ず必要となりますので、大切に保管をお願いします。

 

TrUE JAPAN TOURの旅程管理研修について

Q. 旅程管理研修を2日間受講すれば、「修了証」を受領できますか。

A.  旅程管理研修は「旅行業法科目」の講義と「旅行実務科目」の講義の2つを行いますが、講義後、この2つの科目で60点以上を取得することで修了証が発行されます。

 

Q. 全く旅行業に携わったことがないのですが、試験に合格することは可能ですか。

A.  保証は勿論できないのですが、お申込み後事前にお送りするテキストをしっかりと読み、当日の講義をきちんと聞いて頂ければ、対応可能な試験です。(個人差はあります。)

 

Q. 試験はいつ行われるのですか。

A. それぞれの科目の講義が修了した後、十数分の休憩を挟んでそのまま実施します。「旅行業法科目」が1日目、「旅行実務科目」が2日目に行われます。それぞれ試験時間は30分となります。

 

Q. 試験の過去問はありますか。

A.  生憎ですが、ございません。上記で述べたように、旅程管理研修は各登録研修機関が実施するものであり、試験問題も各機関が作成をしている為、共通の過去問というものはございません。

 

Q. 試験が不合格だった場合は、また2日間の研修を受講する必要がありますか。

A.  試験が不合格だった場合は再試験を受験して頂くことで修了証の発行が可能です。(※再受験には別途受験料4,000円が発生します。)

 

Q. 絶対に試験に受かりたいので、何かしらの対策をしたいのですが何かありますか。

A.  試験範囲が「旅行業務取扱管理者試験」の知識と重なる部分がありますので、こちらの取得を目指しながら、旅行業法や旅行業約款について深く学ぶのはいかがでしょうか。True Japan Schoolでも旅行業務取扱管理者試験対策講座を実施していますので、ご参考になれば幸いです。

   →旅行業務取扱管理者試験(国家資格)についてはこちら

 

Q. 既に旅行業務取扱管理者資格を所持しているのですが、講義の科目は免除になりませんか。

A. 修了試験含め、旅程管理研修に免除はございません。通常のカリキュラム通り、ご受講頂くことになります。 

True Japan Tourのバス添乗実習について

Q. 2日間の受講が必須のようですが、どちらも実際にバスに添乗するのですか。

A. いいえ。実際にバスに添乗するのは2日目のみとなります。1日目の半日の実習については、2日目のバス添乗に向けて役割分担や行程の確認などを教室にて行います。

 

Q. 2日目のバス添乗では昼食は必要ですか。

A. 昼食はこちらで手配致します。生憎ですが、昼食費は受講料に含まれておりませんので、当日お持ちください。正確な金額については1日目の事前座学でお知らせ致します。

 

Q. バス内の演習は日本語ですか。それとも英語になりますか。

A.  講師の説明は日本語がメインとなりますが、バスの移動中に皆さんにもアナウンスの練習をして頂きます。その際のアナウンスは英語でされる方がほとんどですが、ご自分のお得意とする言語で構いません。

 

Q. 主任者証の写真はカラーでないとだめでしょうか。

A. 白黒でも構いません。お顔全体が移っていれば特に背景などの規定はございません。